(有)清水畑建設 新事務所 ”ハタノバ” 見学会レポート その2

(有)清水畑建設

(文章:いわて木の家ナビ事務局)

 

先日行われた、清水畑建設様の新事務所“ハタノバの完成見学会に参加してきました!今回は、その様子を2回に分けて紹介いたします。

1回目はこちら→http://kinoie-navi.iwatemoriren.org/report/report-6125/

 

こちらの現場は施工中の様子もご紹介していますので、そちらも是非ご覧ください!

(有)清水畑建設 新事務所 現場見学会に行ってきました! | いわて木の家ナビ (iwatemoriren.org)

(有)清水畑建設 事務所 兼 多目的施設 新築レポート | いわて木の家ナビ (iwatemoriren.org)

清水畑建設

いよいよ2階に上っていきます。1階は土足でしたが、2階は土足厳禁。靴を脱いでいきます。

段板はセンの天板を使用。軽くて柔らかい踏み心地を感じます。

 

清水畑建設

階段横の壁は、「青入り赤松」の板材が使われています。

「青入り赤松」とは、木材業界で長年 建築材としては使われていなかった材です。

近年、この独特な青模様が自然な雰囲気で面白いという事で、積極的に活かす使い方が注目されています。

 

白太(丸太の外側に近い部分)を中心に、青灰色になっており、通常の赤松材とは違った雰囲気となっています。

通常の赤松は綺麗な飴色に変化していきますが、こちらはどうなるのでしょうか。とても楽しみです。

 

清水畑建設

 

清水畑建設

 

清水畑建設

普段の事務作業を行う2階に到着。こちらも木の雰囲気が満載で、リラックスしながら明るい気持ちで仕事も捗りそうです。

床板は幅広の赤松材を使用。塗装された事で、木目の美しさや色合いが際立っていました!

実際に踏んだり触ったりしてみると、とても柔らかくて温かみがある事が分かります。

明るい雰囲気の事務スペースにも、マッチしていました!

 

清水畑建設

 

清水畑建設

 

清水畑建設

 

清水畑建設

2階から、1階打ち合わせスペースの吹き抜けを見ていきます。

こちらにも「青入り赤松」が使われています。天然の青模様が魅力的です。

外壁と同じ塗料を使っているので、経年変化したような味わい深さも感じました。

 

清水畑建設

見上げると、天井の化粧下地材に使われているホオノキの合板が見えました。

緑ががった白っぽい色合いで、木工用材にも使われる広葉樹の中でも柔らかみが強い樹種です。

落ち着いたカッコイイ雰囲気が、青入り赤松の壁と上手くマッチしています。

 

清水畑建設

 

 

清水畑建設

使い勝手のよさそうな収納スペースや、綺麗な赤松合板の天井を見ながら、奥の部屋に進みます。

 

清水畑建設

こちらも事務スペースとなっています。

シナの化粧合板が使われていました。綺麗ですっきりとした見た目が特徴的です。

岩手山がみえる、こだわりの景色が楽しめる窓の上側には、神棚が祭られています。

過去事例を確認できる部屋からの吹き抜けとなっているので、神棚を祭るにはピッタリですね!

 

また、ここでは盛岡市産の杉材を使った構造も良く分かります。

今回使用した構造材は、樹齢100年以上の太い丸太から製材されています。

100年前に植えられた木が、現在の建築物を支えていると思うと、木材の偉大さを感じます。

 

という事で、ハタノバの2階の様子のご紹介でした。

今後、この事務所から新たな住宅が設計され、これからの暮らしに広がっていきます。

皆さんも、岩手県産木材をふんだんに使った事務所で、素敵な家づくりを考えてみませんか?

 

お問い合わせ

(有)清水畑建設

HP:https://shimizuhata.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/有清水畑建設-204904009521466/

(令和3年6月23日 10:30 更新)